妊娠しやすい時期

妊娠しやすい時期を知るにはまず排卵日を予測することが最も重要です。
排卵日に卵巣から卵管に排出された卵子が卵管の中で精子と結合することで受精が成立します。卵子の寿命は12〜24時間と短いため、排卵日に卵管の中に精子がいなければ受精することが出来ません。
しかし、排卵日にセックスをしないと妊娠しないというわけではりません。卵子に対して精子は子宮の中でおよそ2〜3日ですので、排卵日前のセックスで放出された精子が、卵管内で生存していれば受精する可能性は充分あります。そのため、排卵日と予想される日の前後三日間、特に排卵二日前から当日が最も「妊娠しやすい時期」となります。卵子の寿命を考えると排卵日以降は妊娠しないのですが、排卵日というのは体調などによって遅れることもありますので、排卵日の後も「妊娠しやすい時期」と考えてよいでしょう。
ですので、妊娠を望む場合は基礎体温などで排卵日を予測し、排卵日前後にセックスを集中的に行うと妊娠する可能性が高まります。