妊娠しやすい生活

赤ちゃんを無事に授かるためにも、規則正しい生活や食事などに気を付けることが大切です。赤ちゃんができやすくなるために、日頃からどんなことに気を付けていればよいのでしょうか?まず、赤ちゃんができやすくなるためには、身体を冷やさないように気を付けることです。身体が冷えることによって血行が悪くなると、男女ともに生殖機能が弱まるとされています。それにより、血のめぐりをよくするような生活態度を心がける必要があります。特に女性は冷え性になりやすいので、身体を冷やさないゆったりとした服装を心がけましょう。締め付けが強いストッキングやガードル、ジーンズなどを着用していると、骨盤の血行が悪くなります。

そして、食事はバランスよく、なるべくレトルト食品やインスタント系の食事を控え、手作りで栄養価の高いものを積極的に食べるようにするとよいでしょう。妊娠時だけに限ったことではありませんが、バランスの良い食事は、その後授かる赤ちゃんの成長や健康にもかかせません。また、夏場の冷房の効きすぎに注意したり、冬場もホッカイロなどを活用して身体を温めるような工夫をしましょう。