二人目不妊とは?

一人目は無事に赤ちゃんを授かったのに、二人目の赤ちゃんがなかなかできないということで悩んでいる方も多くいらっしゃいます。「一人目が授かったんだから、二人目も無事に授かるはず」と油断している夫婦も多くいらっしゃいますが、もともと妊娠する確率が高いものではありませんし、一人目ができたからといって二人目がなかなかできなくても不思議な事ではありません。一番考えられる理由としては、近年晩婚化が進み、出産年齢も年々高くなっている傾向にあるのが原因の一つと言われています。よって、二人目を望むときには妊娠しづらくなるとされている35歳を超えているということも少なくありません。また、年齢によって卵子や精子などの生殖機能が低下したり、生活環境の変化、セックスの変化等によっても妊娠の確率が変わってきます。二人目の不妊で悩んでいる場合は、早めに病院で相談することが大切です。一人目から不妊治療で赤ちゃんを授かった方は、二人目も同じ方法で妊娠をすることが多く、逆に一人目が自然妊娠だった場合は、ひととおりの不妊検査を受けてから不妊治療をするケースが一般的とされています。