不妊症とは?

子どもが欲しいけどなかなか出来ない、もしかして不妊症ではと悩んでいる夫婦はたくさんいます。
しかし不妊症かもしれないと思っても、不妊症と言われるのが怖いという思いもあり、病院に行くのを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

 

子どもが産まれないというとさも女性だけが悪いと言われがちですが、不妊症の原因が女性側にあるのは全体の5割程度で、男性側に原因があるケースは3割残り2割は原因不明なのだそうです。ですので不妊を疑う場合はどちらか一方に原因があるとは考えず夫婦揃って受診してください。
女性が原因のケースとしては、排卵が正常に行われていない、子宮内膜が薄い、子宮筋腫などが原因で受精卵が着床できない、など様々なパターンがあります。

 

一般的な不妊治療としては排卵日を予測して性交を行うタイミング法や、ホルモン剤や排卵誘発剤を使うものがありますが、タイミング法だけで妊娠に成功する夫婦も多いのです。ただし高齢になればなるほど精子や卵子の状態が悪くなったり、ホルモンの分泌量が減少していくため、不妊症は時が経つにつれ治りにくくなります。ですので不妊症かなと思ったら早めに病院で受診してください。

 

また、近頃では妊娠しやすい体作りを行えるマニュアルが人気となっています。今まで不妊治療を行ってきた方が自然妊娠できたなどの効果も現れています。不妊治療も必要かと思いますが、妊娠しやすい健康な身体作りも大切なことですね。

 

参考記事

二人目不妊とは?どうして二人目ができないの

一人目は無事に赤ちゃんを授かったのに、二人目の赤ちゃんがなかなかできないということで悩んでいる方も多くいらっしゃいます。「一人目が授かったんだから、二人目も無事に授かるはず」と油断している夫婦も多くいらっしゃいますが、もともと妊娠する確率が高いものではありませんし、一人目ができたからといって二人目がなかなかできなくても不思議な事ではありません。一番考えられる理由としては、近年晩婚化が進み、出産年齢も年々高くなっている傾向にあるのが原因の一つと言われています。よって、二人目を望むときには妊娠しづらくなるとされている35歳を超えているということも少なくありません。また、年齢によって卵子や精子などの生殖機能が低下したり、生活環境の変化、セックスの変化等によっても妊娠の確率が変わってきます。二人目の不妊で悩んでいる場合は、早めに病院で相談することが大切です。一人目から不妊治療で赤ちゃんを授かった方は、二人目も同じ方法で妊娠をすることが多く、逆に一人目が自然妊娠だった場合は、ひととおりの不妊検査を受けてから不妊治療をするケースが一般的とされています。

 

妊活女性におすすめのサプリや葉酸の必要性を知っていますか?妊活中の今だからできる準備をしっかりするためのサプリを紹介中です。

妊活のサプリは葉酸配合のサプリ