不妊症とは?

子どもが欲しいけどなかなか出来ない、もしかして不妊症ではと悩んでいる夫婦はたくさんいます。
しかし不妊症かもしれないと思っても、不妊症と言われるのが怖いという思いもあり、病院に行くのを躊躇している人もいるのではないでしょうか。

 

子どもが産まれないというとさも女性だけが悪いと言われがちですが、不妊症の原因が女性側にあるのは全体の5割程度で、男性側に原因があるケースは3割残り2割は原因不明なのだそうです。ですので不妊を疑う場合はどちらか一方に原因があるとは考えず夫婦揃って受診してください。
女性が原因のケースとしては、排卵が正常に行われていない、子宮内膜が薄い、子宮筋腫などが原因で受精卵が着床できない、など様々なパターンがあります。

 

一般的な不妊治療としては排卵日を予測して性交を行うタイミング法や、ホルモン剤や排卵誘発剤を使うものがありますが、タイミング法だけで妊娠に成功する夫婦も多いのです。ただし高齢になればなるほど精子や卵子の状態が悪くなったり、ホルモンの分泌量が減少していくため、不妊症は時が経つにつれ治りにくくなります。ですので不妊症かなと思ったら早めに病院で受診してください。

 

また、近頃では妊娠しやすい体作りを行えるマニュアルが人気となっています。今まで不妊治療を行ってきた方が自然妊娠できたなどの効果も現れています。不妊治療も必要かと思いますが、妊娠しやすい健康な身体作りも大切なことですね。